徒然CURIOSISM

同人サークル「CURIOSIST」主宰・朝森久弥の雑文の集合体です。

後は数学・物理だ。

 テスト期間の真っ只中。でもテスト期間=テスト終わればそのコマは授業無しなので、明日は全休。勿論試験勉強はするが、久しぶりにやりたい事ができる一日となりそうです。こんにちは。

 今回は大きなコンテンツの更新はできませんでしたが、久弥の法則だけはUPしておきましたので、よかったらご覧ください。先週述べたように、このようなミニ更新が今後しばしば出てくると思います。


 さて、今日は午前中に試験があっただけで、午後は空きコマでした。というわけで、久しぶりに本屋に行ってきたわけです。主な目的は、春休みに学習したい事についての本を物色でしたが、ふと

「緑・花文化の知識認定試験公式問題集」

なる本を見つけました。名前の通り、植物、特に日本の植物に関する様々な視点からの問題が出題される検定らしいです。規模も毎年約1万人とそれなりに多く、少し興味が惹かれました。来月、お金に余裕があれば買おうと思います。

私の出納帳によれば、来月の書籍にかけられるお金は8000円。私は大学生になってから毎月、これくらいの本を買うようにしているので、人から結構多い、と言われますが、別にそうでもありません。たとえばこの前買った、「イラスト図解 よくわかる気象学」は、2200円しますが、これは序の口で、私の本棚には、1冊4000円近くする「ファインマン物理学」や「オックスフォード英英辞典」が所狭しと並んでいます。
 というわけで、来月は法学と生態学の本を買うと、2000円する冒頭の検定問題集が買えるかはもはや微妙なんです。

 そして、高さ180cmを誇る我が本棚も、埋まってしまうのは時間の問題です。じゃあ古本屋に売ったら、ということになりますが、まさか書き込み満載で名前がマジックで書いてある本に値段がつくはずが無いでしょう。

 いずれにせよ、私はやはり本好きだなぁ、とつくづく思います。

 …これからは、本の話題をこの場でどんどん提供していくのもいいなと思っています。世の中の皆さんがあまり読まない本が多いかもしれませんが、どこかで共感してくれる方がいれば幸いです。


 では、これから部活に行ってきます。それでは。