徒然CURIOSISM

同人サークル「CURIOSIST」主宰・朝森久弥の雑文の集合体です。

そろそろ本格始動しましょうか。

 たまに休みが与えられると、いかにしてその時を有意義に過ごすかを必死になって考えるものの、結局いつもより無為な時間を過ごしてしまっている今日この頃。まぁ、いつも出来ない事=無為な(と思われる)時間を過ごす事が出来ればそれでもいいやと考える事にしている今日この頃でもあります、こんにちは。

 というわけで、このGWををもってしても、先程「久弥の法則」と「小説らしきもの」を更新するのが精一杯でした。特に「小説らしきもの」は、なかなか重い場面に来てしまったので、丸2日(といっても48時間という意味ではないが)してやっとこさ書き上げました。とりあえずラストは間近となっております。よろしければどうぞ。


 さて、私が勉強や更新に身が入らない時には、一体どのような行動をとるかというと、大抵は読書(なお私は、コミックも『本』の一種と考えています)かネットサーフィンのどちらかです。そして、むしろこれらに没頭するのが常…というのはともかく、先日はネットサーフィンをしていたら、とある「就活」をテーマとしたブログに遭遇しました。そこには大学生が内定を7つもゲットするまでの道のりがつらつらと書かれていました。
私は、今の所は研究者を目指しているので、大学院進学は既に織り込み済みであり、就活はしばらく先の話かなぁと思っている身なのですが、そのブログを随分読み込んでしまいました。中でも一番印象に残っているのは、「エントリーシート」の話でしょうか。私が解説しても仕方がないのですが、採用試験を受ける人たちは大抵この「エントリーシート」を提出し、これなどをもとに書類選考が行なわれるらしいです。いわば、自己PR用紙といった所なのでしょうか。
まぁ、自分の良さを積極的にアピールできる人は、仕事においても何かと有利なのでしょう。そうでなければ自分の所の商品とか、売り込めませんもんね。まぁ、悪く言えば自画自賛ですけど。
それにしても、私がエントリーシートを書くことになったら、とりあえず、「世界一周した」と書くことになるのでしょうか。でも今や世界一周なんて、日本人だけでも1年に1000人を超える人がしているという話も聞きますし、いかにして独自色を出すかが大事ですよね…
ま、就活のために世界一周行くわけでは全くないですけど。そういう魂胆がある人なら、もっと手軽で効率的な何かを探している事でしょうし。


 さて、冒頭でも述べましたが、世界一周まであと100日を切りました!
具体的な出発日時はまだ確定していませんが、8月上旬ということはほぼ間違いありません。
というわけで、それまでにやっておかなければいけないことをリストアップしてみましょう。

・資金を貯める
→とにかく貯める。目標は100万円。最低でも90万円。なお現在は75万円。
・移動手段の確保
→具体的には世界一周航空券を購入。また、インドやシリアのビザをあらかじめ入手する必要あり。なお航空券購入のためには、どの区間のフライトを使うかを示さなくてはいけない。なので例えば、インドのムンバイまで行くのに、クアラルンプールからだとダメだが、シンガポールからだったらバンコク経由で一発でいける、とかを調べておく必要がある。
・持ち物準備
→バッグは日本一周の時と同じのを使えばいいとして、貴重品入れや南京錠などを取り揃える必要がある。あと、いかにして荷物を軽くし、そして効率よく詰めるかを研究しなければならない。あと、クレジットカードや海外旅行保険も必要だろう。
・立つ鳥後を濁さず
→同じ部活の人々、バイト先の人々、そして両親に、本気で行くを伝え、迷惑がかからないようにする。何せ、2ヶ月近く日本からいなくなり、かつ彼らと基本的には連絡が取れなくなるのだから。
・単位取得
→しかも追試にも引っかかってはいけない。追試が8月下旬とかになると、絶対受けられない=不可。これは日本一周の時も同じだったけど。
・その他、今しか出来ない事に挑戦
→部活で立ち上げた企画を成功させる、来月のフランス語検定3級に受かる、クイズゲームを作成する、etc…

今後は世界一周カウントダウンということで、準備段階から、以上掲げたトピックスを中心に述べていこうかな、と思っていますので、適度にご期待頂ければ幸いです。


長くなりましたが、今回はこの辺で。


それでは。