徒然CURIOSISM

同人サークル「CURIOSIST」主宰・朝森久弥の雑文の集合体です。

ヨルダン三大名物。それは…

 エジプトから飛行機で2時間、ヨルダンに到着し2日目。早くも日本語OKのPCを発見したので、今のうちにと思って書き込みしている今日この頃です。こんばんは…かな、多分。

 まずは、たった今、うおぉー!!と狂っているところです。それもそのはず、早速こちらにコメントを頂けたからでありまして、朝森はひどく感動しています。ミウチャさん、ただただ、ありがとうございます!これでしばらくの間、陸路で旅し続ける勇気が出ました。

 アンマン、それはヨルダンの首都ですが、町並みは素晴らしいほど穏やかです。夜中まで賑わっていますが、まだ東京のほうが危険、というくらいの雰囲気です。私は昨日、とりあえずその道の人たちには有名な「クリフホテル」を目指して町をさまよい歩いていたのですが、道行く人たちが道に迷っている私を見るなり、「May I help you?」と聞いてきました。これまでの旅の経験では、こういう人は下心がある確率99%なのですが、この人たちは違いました。わざわざ近くの店に行って行き方を聞いてきてくださるほど、親切な方々です。さらに「Welcome to Jordan!」と快く言ってくれるわけで、ツーリストがそれなりに来ている国でこれはすごいなぁ、と思います。「ヨルダンいいとこ、一度はおいで。」ですね。

 さて、ヨルダンと言えば皆さん、何を思い浮かべますか?
 きな臭いイメージなんてなんのその、ここには世界遺産の「ぺトラ遺跡」、そして「死海」などが見所です。日程の関係上、残念ながらぺトラにはいけそうにありませんが、今日の夕方死海に行って夕日を眺めながら浮かんでこようと思います。楽しみです。

 そして何といっても、「クリフホテルのサーメルさん」こそ、ヨルダンが誇る名物です。まだ私は少ししか会話していませんが、とにかくこれまでにない親切な方、という噂は本当のようです。もっとも、彼を囲んで大貧民をすると、彼は性格ががらっと変わりますが、それもそれでとても面白いです。

 明日は朝早くシリアのダマスカスに向かいます。また素敵な人たちに出会えることを楽しみにしながら、今回はこのへんで。


 それでは。