徒然CURIOSISM

同人サークル「CURIOSIST」主宰・朝森久弥の雑文の集合体です。

心がひだまればそれでいいのです。

 私の友人は毎朝、大学にある自販機でコーヒー(110円)を買い、それを飲んでから授業に臨むのが習慣。
「それだと一週間で550円もコーヒーに費やしてるんだ」
「まぁね。でもそれで朝すっきり目覚めてから授業受けられるなら、いいんじゃない?」

 …考えてみれば私も同様だ。毎朝、キャンパスに向かって歩きながら、ライトノベル読むのが習慣。先月は一週間に一冊の割合でラノベを買い、その値段はおよそ550円である。
「まぁね。でもそれで朝ちょっぴり笑ってから授業受けられるなら、いいんじゃない?」


…今年も残すところ1ヶ月を切り、辺りはすっかりクリスマスムードな今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?こんばんは。

今回の更新は大分遅れてしまいまして、申し訳ありませんでした。けれども「世界一周ノート」の「日記的何か」、マレーシア編は完結致しました!マレーシアは他の国に比べてかなり長い文章になっており、およそ23000字(原稿用紙約57枚)にもなってしまいました。…けれどマレーシアで起こった出来事を文章に表すには、どうしても長さが必要だったのです。実の所、私が一番トラブルに巻き込まれたのもマレーシアでしたし。トラブルについて出来る限り詳しく書く事で、読んでくださった方がこの方面に旅行に行く時など、役に立つことがもしかしたらあるかもしれないと思ったので、頑張って書かせていただきました。どうぞ、お気に召しましたらご覧いただけると幸いです。



続いて、近況報告です。
まず、法学検定。自己採点は75点中61点。合格点は例年45点なので、よほどの事が無い限り、受かっているはずです。苦手の商法が20点中17点取れてしまったのがとても大きかった。

これで一段落、かな。すると今度は本格的にゲーム作成に入るって訳です。大学に入ってから、いえ前作を作り終えてからずっと、着手を先延ばしにしてきたゲーム作成、今取り組まずしていつやるんだ!?
「世界一周ノート」もぼちぼち更新しつつ、それとリンクさせる形でゲームを作っていこうと考えています。私の現実世界の周りに、趣味のクリエーター(ゲーム・イラスト・漫画etc)はなかなか見かけないものの、ネットを見渡せば、世の中には同士がたくさんいることがよく分かります。ここ最近、そんな彼らの活躍っぷりを眺めているだけの生活でしたが、やっぱ眺めてるだけじゃ半分の面白さ!自分の想いのたけを全世界にぶちまけてこそ、もっと面白い世界が待っているはず!前作からもうすぐ4年、そんな体験をした記憶も忘れかけてきたということで、いよいよ朝森のCuriosityに火がついた感じです。

今日もこうやってつらつら述べる事で、自分を追い詰めていく戦法を取っております。もし気に食わない場合は早めにお申し付けください。そこまでエスカレートしない内に、有言実行していくつもりではありますが…


さて、冒頭にあった通り、私がそこまでして読んでるラノベとは一体?

まぁ、いつもコレと言うわけではないですが、今一番はまっているのは、「とらドラ!」シリーズですね。

…ひと月前、本屋のラノベコーナーで何気なく手に取った一冊でした。なかなか面白いラブコメだな、と思ってはじめは立ち読みで済ませようと思ったのですが、何せ読むのが遅い私のことですから、一度の立ち読みで一冊読みきるには至難の技。というわけで1巻買って家でじっくり読み始めたら…見事ハマリました。他のラノベに見られるぶっ飛んだ感やハイテンポなノリはここでは殆ど見られず、根っこはゆるーくまったりな学園物です。主人公やヒロインは、かっこいい、かわいいと言うよりもむしろ、共感できるので愛着が持てました。何せ私も恋愛(ウソ、せいぜい片想いだ)に関してはヘタレな記憶しかありませんからね、ハハ…
読後感としましては、ストーリーの大きな流れが着実に動いていて、続きが気になる一方、随所にちりばめられたネタにニヤリとしてみたり、吹き出してみたりで、ちょっと頑張ってみようかな、という気持ちが出てきます。ただ、電車の中で読むのは、たとえカバーをつけていても危ないかもしれません、表情に出ますから。

過去に何度か触れたCURIOSIST内の「恋愛マンガを語る」で紹介したような感じのマンガに心躍る人なら、きっと楽しめる事請け合いです。レポートを夜通し書く羽目にならない程度に、どうぞお試しくださいな。


毎度の事ですが、そろそろ睡魔に耐えられなくなってきたので、これでお開きにしたいと思います。明日も本屋に立ち寄りたいしね…


それでは。