徒然CURIOSISM

同人サークル「CURIOSIST」主宰・朝森久弥の雑文の集合体です。

どうせ明日あっという間に使っちまうんだろ、その500円。

 事前に2日分オンリーの青春18きっぷが用意できず、この分だと5日分(11500円)購入して3日分売る事になるが、金券ショップAに行ったら3日分を売っても2400円にしかならないらしく、このままだと18きっぷ買っても元取れないんじゃないかと思ったりして、でも金券ショップBならもう少し高く買い取ってくれるはずだから500円くらい得するんじゃないか、とか悶々と考えているうちに、こんな時間になってしまいました。数時間後には夜行バスに乗るので慌てている所ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか、こんばんは。

 今年最後の更新は無事、間に合いました。「久弥の法則」と「世界一周ノート」のシンガポール編です。実はインドとイギリスもやりたかったのですが、段取りが悪くこの結果に…来年こそは時間の使い方をもう少し意識せねばと思いました。


 先週走り終わってから、13時間寝てしまって、その後1時間30分の睡眠でレポートを仕上げ、その後また13時間寝て…という不規則な生活を送っている辺り、さすがにこれ以上は廃人だろうという状況。親が見てたら何て言うでしょうか。え、大掃除はしたかって?別に、年末にやらなければいかんという法律はないのさっ!
 しかも年末年始帰省せずに東京に遊びに行ってしまう親不孝者。まぁ成人式に帰るからいいじゃんかよーと言えば大丈夫なのですが…

 それはさておき(?)、今日の夕食は鍋です。これで体が温まれば、心が温まり、落ち着きを取り戻せると踏みました。


 でもでも!今はテンションが高くて仕方ありません(これでもセーブしてるつもりです)。何てったって、いよいよ「コミックマーケット&初日の出マラソン」計画実行の時が近づいてきているのですから。いずれも未体験ゾーン。正直、世界一周並に盛り上がっております、勝手に。

 コミックマーケットのためにこれまで、My作戦会議を50時間はやってきました。想像を絶する人ごみの中で明日、闘う事になるのは間違いないでしょうが、覚悟は出来ています。とりあえず、同人誌などを買うために35000円は用意してきました。なるべくお釣りが出ないように千円札を24枚財布に詰めた所です。大雑把にみて同人誌1冊平均500円くらいですから、買おうと思えば70冊は買えますが、実際にはここまで買えたら奇跡でしょう(噂だと猛者はダンボール単位で購入する方もいるとか…)。果たして私がいくら、同人誌に費やすのか、予想してみるときっと面白いと思います。当てたら何かをプレゼント出来るわけではないですが…

 もう1つ、初日の出マラソンのためにこれまで、15時間以上のジョギングと10時間以上のルート作成会議をやってきました。茨城県鹿島神宮から銚子市犬吠崎までの約42.195km、全くの初めてのコースですが、ネットの力を駆使してコースを組み立てました。あとはこれに沿って走りきるだけです。途中、休憩するところと言えばファミリーマートミニストップなどのコンビニがあるみたいですが、どうかその辺りのコンビニで働く皆さん、ジャージ姿のムサい男がやってきても、入店拒否をしないであげてくださいな。


 …あぁ、何で最近、こんなバカばっかやってるんだろう。こうしてる間に友達の1人は留学に向けて猛勉強してたり、1つ上の先輩方は就職活動始めてたりダブルスクールしてたりしてるのに(そりゃあ年末年始までそうとは限りませんが。いや、彼らならやりかねないぞ)。
 私だって将来の事を考える事はままあります。全国の大学院30個くらいブクマして、暇があれば眺めて色々想いを馳せる事もあります。
 でも、やりたい事が拡散しすぎて何かこれというものをまだ見出せていないのも事実。
 もっと、おりこうさんだったら、とっくに進路とか決めてそれに向かって邁進してるんでしょう、この歳なら。
 だからこそ、そうなれない私がとる作戦は、「興味持ったものを何でもやってみる事」なんだろうなぁと思います。沢山やらなきゃ分かんないんだったら、沢山やればいいし、やるしかない。それで見つかればそれでいい。見つかれなければむしろ、「何でも挑戦できる才能」がある証拠だと思うからそれを生かした何かで人生勝負するのがいいのかな。そんな感じでしょうか。

 幸い、才能と呼んでいいのか微妙だけど、私には「私にとって素敵な人たちに出会える才能」があるみたいです。何かとパニクる私をなだめてくれる仲間、長話に付き合ってくれる友達、その存在だけで落ち着ける家族、ためになる言葉や行いを遺してくれる全ての私より先に生まれた人たち。私はまさしく、皆さんの力を借りて生きているような生物だと思います。

 だからこそ、私は感謝しなければならないし、また感謝せずにはいられない。ベストを尽くさなきゃいけないし、尽くさずにはいられない。「CURIOSIST」のサイト運営してるのも、このブログ書いてるのも、きっとそんな心の内を1人でも多くの人に知ってもらいたい、それが私のこの世界への存在感をより高めてくれるはずだから…

なーんて書いたら言いすぎでしょうか?


 兎にも角にも、私、朝森久弥は、来年も変わり続けていくし、そのままでい続けると思います。という事は、来年も同様、皆様に何かとご迷惑おかけする事もあるかと思います。ですが、もしよろしければ、これまで同様、お付き合い頂ければ幸いです。

 このカキコを読んでくださった全ての方、いえ、これまで私が出会った全ての方へ。

良いお年を。


それでは。