徒然CURIOSISM

同人サークル「CURIOSIST」主宰・朝森久弥の雑文の集合体です。

そう言えば今日、竹島の日らしいですね。

 たった今、我が家の目の前を公開オナニー車街宣車が通り過ぎたので、はと思い出したのですが。

 いやはや、ご存知の通り私はフィクション・ファンタジー愛する人間で、そーいう問題には正直興味が無いノンポリ大学生(笑)なのですが。



 フロンティアでガチンコしている方々はともかく、街宣車の上で口角泡飛ばしていらっしゃるだけの方々や、ネットで火病乙してるだけの方々の精神構造というのは、コミケで堂々とロリコン御用達エロ同人誌を描いて売ってる人たちと大差ないと思うのですよ、個人的には。


 要は、溜まったパッション乃至フラストレーションをおもむろに吐き出して悦に浸っている、というだけの話かと思うのです。

 日本国は表現の自由が認められている素晴らしい国なので、どちらの行為も原理的には許される行為ですし、私も彼らを糾弾するつもりはありません。TPOを弁えてくれさえすれば。



 さて、私が将来手がけたい研究テーマのひとつに、

 「ヒトが(広義の)自慰行為に浸ろうとする理由と、自慰行為が本人と周囲のヒトに及ぼす影響」


 というのがあります。もし、私が本格的にこの研究を始めたら、今日街宣車に乗ってた方々には是非、実験にご協力頂きたいものです。

 具体的には質問紙法脳機能イメージングを用いた実験を目論んでいます。


 「質問紙法」
 →要はアンケートに答えてもらうこと。これで回答者の嗜好をある程度把握する。


 脳機能イメージング法」
 →被験者に思う存分自慰行為をさせ、その時の脳活動を計測する。出来る限り多くの人に協力してもらうためには、非侵襲型の測定法が望ましい(例:EEG・NIRS)。




 ……半年後の院試の前に「研究計画書」なるものを書く必要があるようなのですが、果たしてどんなテーマがいいのやら。とりあえず現在は、現実のあらゆる所に目を付けて、認知科学的な考察を入れている日々でございます。

 もし、何か良さそうなアイデアがありましたら、コメントやWeb拍手などで教えて頂ければ幸いです。


 Web拍手はこちらから。


 それでは。