徒然CURIOSISM

同人サークル「CURIOSIST」主宰・朝森久弥の雑文の集合体です。

昨日も東京行ってきた。

 もしも「ひよぴよえにっき。」が新連載されなかったら、多分キャラットを見限って定期購読を止めていた事だろう。とにかくこのマンガ、マジでオススメ。



 こんにちは、朝森久弥です。

 今回は昨日の出来事に加えて先週末のイベントやら何やらのことを書く予定です。結構長くなるので休み休み書いていきます。

それらの前にまずは参りましょう、

〜コメント返信〜

当ブログ史上例稀に見るWeb拍手及びコメントの数にビックリしています……

これを読むために高校卒業までゼミには入りませんでしたw
男主人公の場合は、作品によって親友のポジションには
"部活も勉強も順風満帆の幼馴染の女の子(実はゼミ生)"がいますよね
"主人公のことが好きだから、うじうじしてる姿は見たくない!"みたいな
後は、"T大学"や"K大学"に通う先輩でしょうか
「これ、進研ゼミで解いたことある!」はもはやお決まりですね
(2009/03/24 名無し さん)

ちょwゼミ逆効果www
もっとも噂に寄れば、入会するとまた違った内容のマンガが届くらしいですけどねー。

悲しきかな、男は案外そういうクチにホイホイ乗せられてしまうものなのです。入会の決め手はゼミ自身の魅力ではなく女の子のそれというのがもうね……w

あと、W大に通う先輩ってのも頻出ですよ!

時々ライバルはゼミの存在を教えられずにそのまま悲しい末路を辿る事もがありますよw
本当に可哀想に思えてくる・・。
(2009/03/26 名無し さん)

確かにw
あそこまで貶めること無いのにって感じですけど……。
私の周りに限って言えば、独学でもゼミ生に普通に勝ってるケースはいくらでもあります。要は自分次第なのです。

売り文句はどうかと思うけど、進学校なら当たり前のように入学後の実力試験があるよ。
というか、テストがないから勉強しないというのがおかしいというのを主張しようよ。
これじゃただの馬鹿だよ。
こんなつまらない事を考えていないで勉強したらどうかな。
(2009/03/28 hh さん)

進学校で入学直後に実力テストがあるのはもちろん知ってます。一応経験者ですし。
ただ公立の中学だと実施するかどうかはまちまちですが……。

「テストがないから勉強しないというのがおかしい」というのは激しく同意。
ぶっちゃけ言ってしまうと、ゼミは(少なくともDM上では)勉強というものを「スクールライフの障害になり得るから出来る限り楽に済ませたいもの」と捉えているきらいがあると思います。確かに数多くの児童生徒の本音を代弁しているとも言えますが、いけすかねぇやり方だなぁと常々思っています。ここは誤解しないで頂きたい。

まとめると、ゼミのDMのマンガはそのストーリー展開が単に面白いので、あのように取り上げた次第、ということです。


ちなみに、私はいわゆる勉強を勉強と思うことは無く、単に新たな知識を得たいという欲求だけで今までやってきた自負があります。だから「何でみんな、そんなに勉強嫌がるの?」と思ってるクチです。モチベーションが続く、やってて楽しくなれる勉強方法を確立すれば、これほど面白い所業は無いと確信しています。
もっともこのような考えの持ち主は、そこそこの研究中心大学でもそれほど多くないのが実情ですが……。



今回のWeb拍手はこのコが受付です!
拍手、そしてコメントをお寄せくださいませ!



(まだまだ続く……)

と思いきや、現在某友人の部屋に召喚され、今日中にブログを書ける見込みがありませぬ(´・ω・`)
いやぁ、酒が入ると何を書き殴るか分かったもんじゃありませんからね!!

という訳で申し訳ありませんが、今日書く予定だったコンテンツを以下にメモし、近い内、少なくとも今週中にフォローしたいと思います。悪しからずm(_ _)m


「きらきらとりころ〜る他多数のイベント@09年3月20日都産貿浜松町館」→相変わらずひだまり本買い漁ったよー
→なのは系の人気はまだまだ健在だったよー
→タトホンで素敵な同人作家さんに出会ったよー

東京国際アニメフェア2009@09年3月21日東京ビッグサイト
→なぜ前売り券を買わなかったのか後悔したよ
→日本オタク文化検定のネタになりそうな資料を大量に入手したよ
→ブースを回りすぎてマラソン前日の癖に筋肉痛になったよorz


「第3回E&Cシンポジウム@09年3月21日電気通信大学
→「エンターテイメントと認知科学研究ステーション」という研究グループが主催してたよ
→WorldCyberGamesという、いわばコンピュータゲームの世界大会が今注目を浴びてるよ、日本ではマイナーだけど
認知科学は、コンピュータゲームを始めとするイマドキのエンターテイメントに何か貢献できる期待が持てたよ


「kansei x tsukuba x design 展@09年3月28日AxisGallery六本木」
筑波大学の大学院人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻や芸術専攻の方々が主催してたよ
→沢山の作品に囲まれて、お酒を飲みつつ色んな方々とお話したよ。感性情報学分野の先生方からお話も伺ったよ


認知科学という学問を二次元座標で表現してみる」
→横軸は「研究手法」、行動科学から生理神経科学まで
→縦軸は「研究対象」、知覚・運動など計測し易いものから感情など計測し難いものまで
→ひとくちに認知科学者の間でも研究観は天と地ほどの差がある
→で、おいらがやりたいのは……あの辺りなんだ!!



必ず後で書き加えますので、少々お待ちくださいませ。

それでは。