徒然CURIOSISM

同人サークル「CURIOSIST」主宰・朝森久弥の雑文の集合体です。

“進活”進捗状況(2009年4月12日現在)

志望分野

認知科学

・かつ、ヒトを対象にした実証的実験を用いる研究が出来るもの
→実験の設定が難しいのは承知だが、出来る限りヒトならではの行為を見つめたい

・特に、非侵襲性の脳活動計測が出来るもの

動物実験や解剖は正直苦手なので、それら以外の手法で

・目指すのは「ソウゾウ的精神活動の認知科学」の確立

 最近熱烈に興味があるのは、「なぜヒトは、アニメやマンガ、ビデオゲームに惹かれるのか」
 そうした「たかが娯楽」に惹かれるヒトがこの時代、メチャクチャ多い(特に私の周囲に^^;)。彼らの殆どは、ただ単に面白いからそれらを大量消費し、それらを大量生産している。
 一方で、その行動がヒトにどのような影響をもたらすのかについて、科学的な説明は殆どなされていない。結果、社会の不安定な雰囲気でそれらを持ち上げ、それらを批判しているのが今の世の中。
 私は、こんな世の中が不思議でならない。

志望研究室

・「認知科学」「脳科学」をキーワードに全国からピックアップ

・ただし、諸般の野望により首都圏が良い
→もし本当にアニメやマンガ、ゲームを研究のネタにするのなら、首都圏で研究することは大きなアドバンテージと考えるが、果たして?
→ご覧の通り、朝森は重度の同人趣味者である

・結果、8研究室程度に絞られた
→研究室のメインテーマはまちまち。芸術・錯視・言語・赤ちゃん等々
→その中で、テレビゲームしている時の脳活動計測をした方がいらっしゃる研究室*1に特に注目している

ビデオゲーム社会心理学的な見地で研究している方で著名な方がいらっしゃるのだけれど、その方は女子大所属なので私は無理orz

院試をどうするか

・これからの説明会及び研究室訪問次第だが、某研究科の某専攻を第一志望として受験する予定。
→外部生の倍率は約3倍との噂。院試にしては高い部類
→だが試験科目に一部、化学が選択出来るのでラッキー

・合わせて、現在所属している理学部化学科の真上にある研究科も受験する予定。
→こちらは滑り止め。倍率は例年1.1倍以下。但しこちらに決まった場合、「研究者になる」という目標は一旦白紙にする。今は、「研究者になりたい」では無く、「認知科学の研究者になりたい」が目標だから
→試験科目は英語と化学。

・幸い、上記2つの院試日程はズレたので、併願可能。

・これら以外の所は、受験科目がバラバラである*2ため、今後志望順位が変動しない限り受けないと思われる。

今後の予定

・大学院説明会×3〜5

・研究室訪問×3以上希望

・願書入手&提出×2以上

・院試対策
→化学・英語・認知科学(心理学)等々。志望順位が変動した場合に備えTOEIC受験

雑感

・うちの研究室のボスが、他大学受験について寛容(正確には、進路について自由放任)なのが有り難い。まぁ、だから今この研究室選んだのだが*3

・で、調子に乗って「認知科学の研究者になりたい」と言いふらしまくってたら、周りが割と応援姿勢。というか、「あいつは何かやらかしてくれる」という期待と好奇の目が入り混じっている。

・ここまで来て逃げたら笑い者。ま、これこそ私がいつもやってる「自分追い込み方法」なんだけど。大学受験の時も、世界一周の時も、そうだったなぁ。

・ま、頑張ってみるよ。

・良かったらWeb拍手、宜しくお願いします。

・それでは。

(コメント返信は明日にします。すんませんm(_ _)m)

*1:ゲーム脳」提唱者の所ではない。また、「脳トレ」提唱者の所でもない

*2:数学があったり、神経科学があったり……

*3:中には「出来る限り残って欲しい」と公言するボスもいる。