徒然CURIOSISM

同人サークル「CURIOSIST」主宰・朝森久弥の雑文の集合体です。

(朝森的)ラブコメ大賞2012

 明けましておめでとうございます。
新年最初の記事は「その年の抱負」が通例でしたが、去年の忘れものをひとつしていたので、先にこっちを済ませます。

「ラブコメ大賞2012」

……とは何ぞやと言いますと、

【ラブコメ大賞2012概要】2012年中発売されたマンガやライトノベル、ゲーム、放映されたアニメで、ラブコメメインのものについてグランプリを決める。今年はとりあえず「ピュア系」と「イチャ系」で。2013年1月発表予定。 #lovecome2012
朝森久弥 on Twitter: "【ラブコメ大賞2012概要】2012年中発売されたマンガやライトノベル、ゲーム、放映されたアニメで、ラブコメメインのものについてグランプリを決める。今年はとりあえず「ピュア系」と「イチャ系」で。2013年1月発表予定。 #lovecome2012"

ということで、昨年朝森が特に面白いと思ったラブコメ作品を振り返ってみようと言うわけです。
紹介作品は、ピュア系・イチャ系それぞれ上位3つずつ。
「ピュア系」は、片想いから両想いになるまでがメインなラブコメで、「イチャ系」は両想いになってからのラブラブがメインなラブコメと大まかに定義します。なお、“Nice boat.”のような恋の奪い合いアリアリな「シリアス系」もラブコメに範疇に入るっちゃ入りますが、今回は選考の対象外といたします。

では、早速結果発表!

ブコメ大賞2012「ピュア系」

1位:ニセコイ

ニセコイ 5 (ジャンプコミックス)

ニセコイ 5 (ジャンプコミックス)

圧倒的もっどっかっしっさっ!
週刊少年ジャンプのラブコメバトルロワイヤルに勝ちぬき、今一番売れているだろう男子向けラブコメであるに違いないニセコイは、いちご100%を彷彿とさせる王道オブ王道学園ラブコメ漫画であります。ヤクザの息子で無自覚タラシな主人公・一条楽を取り囲む四人の美少女は、
 金髪ツンデレお嬢様「桐崎千棘」

千棘さん by 鬼八頭かかし on pixiv

 ほぼ家庭的クラスのアイドル「小野寺小咲」

リク絵 その1 by エチゼン on pixiv

 猪突猛進方言萌え「橘万里花」

橘万里花ちゃん! by ホビー on pixiv

 律儀な執事系男装ヒットマン「鶫誠士郎」

誠士郎 by 柚子 on pixiv

であります。バランスいいですねぇ!
一条楽は元々小野寺に惚れてたんだけども、家(ヤクザ)の事情で千棘と恋人の振りをしなきゃならなくなり……だからタイトルが偽恋(ニセコイ)なわけですが、ラブコメのお約束としては最終的には千棘とくっつくんだろうなーと分かっていてもなお、そこに至るまでがびっくりするほどじれったくてそのじれったさを極限まで楽しむのが基本となっております。最近は少しずつ色気も出せるようになってきましたが、やはりエロで押す作風じゃないです。にも関わらずラブコメ界のスターダムにのし上がってこられたのは、ラブコメの物語としての面白さを作者がしっかり心得ているからだと思います。実直なラブコメマンガですよ。
ちなみに朝森は小咲推しですが、千棘みたいな友達ぜひ欲しいし、マリーは方言可愛いし、つぐみちゃんはおっぱいおっきいしで、誰が主役の回でも美味しく頂いております。今年もこの調子で頑張って欲しい作品です。

2位:はじめてのあく

はじめてのあく 16 (少年サンデーコミックス)

はじめてのあく 16 (少年サンデーコミックス)

緑谷よくやった!

去年の夏前まで週刊少年サンデーで連載していたマンガです。主人公のジローは悪の秘密組織の跡取り息子だが、組織が壊滅したとかで渡キョーコの家に居候することになるというお話。ジローとキョーコは一つ屋根の下で共同生活していく中で関係が深まっていく、というのが一応メインですが、彼らが通う三葉ヶ岡高校で、それはもう青春ど真ん中を眺めて楽しむ明るい青春コメディーでもあります。あぁ、高校時代が懐かしい。
王道ラブコメの御多分にもれず、ジローを慕う女の子が複数出てきますが、朝森としてはそれよか約2つのカップリング、すなわち赤城×アキと緑谷×ユキが進展するのを毎週楽しみにしていましたね。とくに緑谷は読者にもっとも身近な平凡キャラで、そんな彼が稀に漢を見せるたびにガッツポーズしてました。古き良きサンデーの継承者的作品だと思います。

3位:せなかぐらし

せなかぐらし (3) (まんがタイムKRコミックス)

せなかぐらし (3) (まんがタイムKRコミックス)

真っ赤っか!

高校生の夏休み、念願の独り暮らしをすることになった主人公・綿見巡の住む部屋は、お隣さんとすりガラス1枚で隔てられていて―しかもお隣さんは女子高生・飴原菓奈というこれまた可愛い子で、という、ご都合主義満載、ひと夏のお隣さんラブコメディ。ニセコイもはじあくもそうだが、男女が近しい距離で一緒に過ごせば少なからず情が芽生えるってもう定理のようなもんですね。まんがタイムきららフォワードカザマアヤミが連載していたマンガです。
このお話は巡と菓奈がだんだん仲を深めていく様を描いていますが、巡の心情表現がいちいち詳しい、まさに高校生男子そのもの。菓奈も菓奈で事あるごとに顔真っ赤にするから、あらら初々しいなぁと。恋愛の手練手管を身に付けた方には幼いと感じられるかもしれませんが、N年前(Nは任意の自然数)にタイムスリップした気持ちで読むとちょうど心地よい作品だと思います。



続いては、イチャ系作品の発表です。

1位:中二病でも恋がしたい!

中二病でも恋がしたい!  (1) [Blu-ray]

中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]

お前らの愛が最強!

AmazonアフィはアニメDVD貼ってますけれど、この話の原作は虎虎氏がKAエスマ文庫から出したライトノベルですからね。そして、原作とアニメではストーリーがだいぶ違い、朝森はどちらかというと原作推しなので、以下は原作のレビューをいたします。
主人公は元中二病患者の高校1年生男子・富樫勇太で、ヒロインは現役中二病患者の高校1年生女子・小鳥遊六花。ふたりは高校で同じクラスで、中二病、というとっかかりからお互い意識し出して―という赤面系ボーイ・ミーツ・ガールであります。
原作は2012年末までに2巻まで出ていて(続編ホシイナー)、(終盤でなく)途中でしっかり恋人同士になっているので、ピュア系というよりはイチャ系かなと判断しました。
アニメでこそ彼らの中二病的言動がちやほやされていますが、この物語の焦点はやはり「ティーンエイジ的恋愛」であると思います。というか、ティーンエイジ的恋愛そのものが既に中二病ですよね。自分たちの間に芽生えた愛はどんな理屈をも凌駕し、しかもそれが永遠で続くと無邪気に信じられる、そんなキレイな恋愛(遠い目)。その影響で世界が変わってしまったのがたとえば「最終兵器彼女」ですが、中恋では戦争が起こったり地球が滅亡したりしませんのでご安心を。
読み進めると、自分もかつては中二病だった(邪気眼的な意味では無い)と感じて心がえぐられる……ということは無く、むしろ心が洗われるソフトタッチな作品になっております。キャラもとにかく優しい人ばかりだしね。

2位:煩悩寺

煩悩寺 3 (フラッパーコミックス)

煩悩寺 3 (フラッパーコミックス)

羨ましいマターリ感。

彼氏と別れたばかりのOL・小沢さんが偶然立ち寄った同じマンションの一室には、不思議なグッズで溢れるとんでもない部屋であった。この部屋が『煩悩寺』と呼ばれる部屋であるが、その部屋の住人である青年・小山田くんと小沢さんが仲良くなって、付き合って、イチャイチャするというお話。メディアファクトリーから出ているマンガ単行本を集めていて、2012年12月で完結しました。
ここまでの紹介作品とは打って変わって、登場人物が軒並み20代なので、それなりにアダルティーです。ただし直接的な描写はありません。
いやはや、小山田くんが器大きすぎるっしょ。こんな男普通にモテるっしょと思いますが、彼にはやっぱり小沢さんこそがピッタリなのだろうなと読んでいて思いました。この世代で癒し癒される恋愛ってある種の理想というか、熟年夫婦っていうかで、憧れます。彼らの境地にたどりつくまでに、朝森はいったいどれほどの煩悩を捨て去らねばならないのかと……(泣)。

3位:ゴールデンタイム

油断できないリアル感。

晴れて大学生になった多田万里が上京してきて出会ったのは、嵐を呼ぶお嬢様、加賀香子。香子は幼馴染で想い人・柳澤にアタックするも空回りで、そんな彼女を放っておけない万里……と書くと、「とらドラ!」を連想してしまいますですが、実際「とらドラ!」の作者・竹宮ゆゆ子が書いたライトノベルであります。
本作もとらドラ!と同様、多角関係込みの恋愛小説となっておりますが、主人公が大学生なので対象年齢もやや高くなっており、万里と香子は割と早い段階でくっつくので、それ以後の話がメインとなる点に注意です。
朝森自身上京してきた大学院生だからか、とらドラ!よりもこっちのが感情移入しやすく思いました。早慶MARCHあたりの文系が本当にこんな大学生活送ってるのかは謎ですが、きっとそうなんだろうなーと思える程度にはリアリティあります。
万里と香子とバカップルぶりを見るのも面白いんですが、個人的に激しくツボったのは「外伝 二次元くんスペシャル」です。↑のAmazonアフィはこの巻を選びました。表紙を見て「こつえーの萌え〜な絵柄だぁ、買おうっと♪」とかいう気分で手に取ると、刺されます。そういうあなたこそ刺されます。実際朝森は刺されました。まったく、ゆゆ子は“僕ら”の心を抉るのが上手い。


以上、長くなりましたが

これでラブコメ大賞2012はおしまいです。
次点としては「はじおつ。」や「ソード・アート・オンライン」、「となりの柏木さん」「ココロコネクト」などが挙げられます。あとラブコメではありませんが「銀の匙」や「ベイビーステップ」は心地よいラブコメ成分が含まれていて楽しいです。
我ながらまとまらない文章を綴ってしまいましたけれども、皆様のラブコメライフに何かしら得るものがあったら幸いです。

それでは。